結婚したことを機に、今までの愛車だった車を売って

私の父が十四年間乗り続けていたワゴン車を買い換えることになりまし

私の父が十四年間乗り続けていたワゴン車を買い換えることになりました。

顔見知りのカーセンサーの車査定業者に、父の車を見てもらうと、ずいぶん年数も古いし、劣化しているとのことで、廃車にした方が良いのではと言われてしまい、買い取ってはもらえませんでした。



ただ廃車にすると諸費用がかかってしまうので、父はそのワゴン車を業者に引き取ってもらいました。中古車査定で売るほうが良いのか、あるいはまた、オークションで売るのがいいのか、思案している方はおられませんか?車をちょっとでも高額で売りたいのはオーナーとしては当たり前のことなので、こうした悩みを持っている人はいっぱいいると思います。
結論から言うと、希少価値が高い車であるのならば、ネットオークションで売るほうが高く売却することができるかもしれません。トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、約10000キロと見積もるのが一般的です。


そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、買取査定の際にはしっかり減点されます。

また、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうと査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。
また、走行距離でいうと、短すぎるというのも実はあまり良いとは言えません。走行距離数が年式の割に極端に短いと、外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっている可能性も高く、引き取り拒否ともとれる見積り額を提示されることもあります。これならいいだろうと思える査定金額に達し、これから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、複数の書類が必要になりますから、あらかじめ整理しておくと良いでしょう。
普通車と軽自動車では印鑑や書類の種類も違うので気をつけてください。必要書類は車検の際にも必要なので一緒に保管している人も多いでしょうが、車検証、車の自賠責保険証、リサイクル預託証明書(もしくは自動車リサイクル料金の預託状況でも代用可)、最新の納税証明書の原本が必要です。
それと、契約には実印と印鑑証明書が不可欠ですが、売却するのが軽自動車のときはスタンプ印以外であれば認印で構いません。

よって印鑑証明書も不要です。

買取業者の査定を受ける場合、リサイクル料や自動車税の残月分がその査定価格に入っているのかを事前に確認しておきましょう。また、そのほかにも、後から返金を請求してこないかを確認しないと痛い目を見ます。

酷い例になると、買取金額を少しでもケチろうとして、後から減点ポイントを持ち出してきて返金を要求してくるところもあるのです。


新しい車を買う場合にはディーラーに車を下取り依頼するのも結構ありますが、その時、下取りと同時にスタッドレスを買取、引き取りをお願いできるのでしょうか。このあたりはディーラーによって結構、対応が異なり、高く査定額で、買い取ってくれることやタダで処分引取りになる場合もあるので、前もって確認することが必要です。


売却先を決める前に複数の会社に査定してもらうことは、高値で車を売却する秘訣といえます。



実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、10社頼んで成功した人もいれば2社で充分だったという人もいて、ケースバイケースです。一社にしないで複数の買取業者に見積もらせる意義は何かというと、比較検討するためと、競争原理による高い値付けが期待できることに尽きます。

本来の目的さえ満たすものなら、査定は何社から受けようと結果的には問題がないということです。



ご自身の愛車の売却を考えた場合、車を売却する際に重要な書類は、車検証、保険料納付書、車庫証明の三つです。
また、車両の説明書がある場合も、多少、査定結果が上がると思います。思いのほか入手に手間取るのが、車庫証明なんですよね。ですから、後で焦らないように、早めの準備をした方が良いハズです。


世間でよく言われているように、車の買取査定では、走行距離が10万キロを超えているものだと、査定してみると値段がつかないことが多いと思います。しかし、例外もあります。
例えばタイヤが新しい場合や、車検が十分に残っているといった価値があれば案外、すんなりと売却できる事もありますから、初めからあきらめる必要は無いのです。一軒だけでなく、複数の中古買取業者に相談するのが賢明だと言えます。車の下取りの時の必要書類は、やはり車検証です。
この書類がないと、下取りができません。



ちなみに、フェリーを利用する場合にも必要なのです。
車検証は、とても大事な書類です。
大切に保管しておく、必要があります。さらに、整備記録等もあれば、下取り価格が上がったりとします。