自動車の下取り金額を少しでも高値にする

新車に買い換えるときは、古い車を下取りに出すか

新車に買い換えるときは、古い車を下取りに出すか買取にだすか迷いますね。
ディーラーは「下取り価格は、勉強させていただきます」と言いますが、本当に1社の言い値で良いのでしょうか。



下取りにせよ買取にせよ、手間と利益の兼ね合いですが、車のコンディションや年式によっては下取りでないと価格がつかない車もあれば、買取で高く売れる場合もあります。

私は下取り価格が不満だったので、買取業者にも値段をつけてもらいました。
その結果、買取のほうがダントツで高かったんです。



買取代金は後日振込みでしたが、引取りの翌日には振り込まれていました。
30万円以下なら現金払いもできるそうです。



ともあれそのお金で下取りなしで車を購入。月々のローンを軽減することができました。下取りでいいのにと渋っていた家族も、このときは「すごーい」と言ってくれました。



査定の金額が満足できなければ、納得のできる査定額を出してくれる買い取りディーラーをみつけるまで査定をお願いできます。しかし、長期間に渡って出張査定ばかり頼んでいると、その間にも、中古車のレートが下がってしまって、損をする可能性もあります。

ネットで、おおよその相場を知っておき、妥協することが、ポイントかもしれません。下取りにより車を引き取ってもらう際には名義を変更する手続きが発生するので、しっかりと書類をそろえとくのが大事なのです。



名義変更の手続きについては、自動車検査証と自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書を使用します。あと、譲渡証明書に印鑑を押すので実印も用意しておきます。


車査定を頼む前に、車体にある傷は直すべきなのか気になるところですよね。自分ですぐ簡単に直せる程度の小さな傷であるなら、直しておいた方がよいと考えられます。でも、自分で直せない大きい傷の場合は、修理に出さずにそのまま車査定を受けた方がいいのではないかなと思います。二重査定制度というのは、後から査定額の変更ができる制度をさしています。

中古カービュー業者に査定依頼を頼んだとして、査定額が決まったとします。本来なら、その額で買い取ってもらいますが、後から大小問わずいろんな傷や故障箇所が発見される場合もありますよね。

そんな時には、一旦決定していたはずの査定額を変更される可能性があります。中古カービューというのは思ったより簡単なものです。
金額の折り合いがついたら、あとはほとんどお任せで、一括査定に名を連ねる買取業者であれば売主が必要書類を揃えておけば、面倒な名義変更などの手続きも業者側で行ってくれます。

必要なのは、実印、印鑑証明、車検証、自賠責保険証、自動車税の納税証明書(最新のもの)です。結婚して姓が変わっていたり引越しで住所が違うと戸籍謄本や住民票などが必要になります。
それと、車のキーでスペアがあれば、これも業者に渡しましょう。最終的に代金が支払われますが、現金払いでない場合もあるので、振込先となる口座の番号も用意しておいてください。
車査定の前には、こんなことに気をつけてください。



どんなところでも、一社の査定だけで契約書にサインしないことです。今は一括査定サイトもあるので、買取の可能性がある業者を全て比較検討しましょう。


車の査定の前には、少しでも印象がよくなるように掃除しておいてください。また、必要な書類は事前に確認しておき、査定に間に合うよう準備しましょう。



査定は、新車の状態に近いほど査定の金額が高いです。


改造でないと評価は高くなるでしょう。



勘違いしないでいただきたいところですが、査定額において車検期間は不問ということが全てではありませんが、ほとんどです。なお、査定作業は人が行いますので、心証が査定額を動かす場合があります。